819BEGINNER:バイク初心者の走行記録

トライアンフのボンネビルT120とスズキのグラディウス400に乗っています。普段は大学で交通に関わる人間心理の研究とかをしたりしてます

いきなり立ちゴケしましたw

自宅駐車場で立ちゴケ

昨日、バイク屋でオイル交換とチェーン調整をしてもらって帰宅した時に、駐車場で立ちゴケしました。「バイクを永久にこかさずに済ますのって無理じゃね?」とは思ってたのですが(けっこう乗る頻度も多いし注意深い性格ではないので)、買って約1ヵ月でいきなりやってしまうとは!


理由は駐車時のサイドスタンドの出し忘れです。なぜ出し忘れたのかは全くわかりませんが、忘れ物をする時ってだいたいそうですよね。鍵や携帯電話や財布をどこかに忘れた時、たいていは、なぜ忘れたのかと聞かれても全く自分でもわかりません。他の人の立ちゴケ動画とかを見ていて、「サイドスタンドを出し忘れることなんてあんのかな?」と舐めてましたが、普通にありましたねw


そのまま左に転倒し、左脚がバイクと地面に挟まれた格好になって、少し引っ張ったぐらいでは抜けなかったので、「誰かが通りがかるまで俺は動けないのでは?」と思いました。バイクを起こすには踏ん張る必要があり、踏ん張るための脚が挟まれてるんですから当然ですよね。
ちなみに、くるぶしまであるブーツをちゃんと履いてたので、足は無傷でした。ローカットのスニーカータイプの靴だと怪我してたかも知れません。今回はむしろ、自分の足を挟んだことによってバイクのボディに傷がつくのが防がれた感じですw
あと、肘と肩にプロテクタが入ってるおかげか、モロにコケた割には上半身も全く痛くなかったです。


どうやって脱出しようかと2分ぐらい悩んだあとに、右足をバイクの手前(左)側に持ってきて、左腕を地面に突っ張って上体を支え、右手でグラブバーのところを握って右足で踏ん張ってバイクを少し浮かせると、左脚が抜けました。
その後は普通に引き起こしましたが、これは大して重くなかったですね。自分のバイクを引き起こす機会は、意図せずコケた時ぐらいしかないわけなので、貴重な経験でしたw

今後の対策として、「1速+スタンド出し」でエンジンを切るようにしてみる

私は、教習所のように「サイドスタンドを払ってから乗り、降りてからスタンドを出す」方式だと、乗り降りの際にミスをする可能性が高いと思って、他の多くの(殆どの?)ライダーの方と同様に、「乗ってからスタンドを払い、スタンドを出してから降りる」ようにしています。ところが今回、理由はよくわかりませんが、スタンドを出してないのに焦って左側に降りようとしてしまいました。


それで今後の対策をどうしようかなと考えたのですが、まず「サイドスタンドが出ていることを確認してから降りる」というのが普通の対策でしょうけど、物事を忘れる時というのは、その確認自体を忘れるものですので(笑)、今回のようなケースは防げないと思いました。
そこで、「降りてからサイドスタンドを出す」ようにするか、もしくは「サイドスタンドを先に出すけど、サイドスタンドに車重を預けないように降りて、降りてからバイクを倒す」ことを習慣づければ、少なくとも「サイドスタンドの出し忘れ」による転倒は防げます。しかしこれだと、降りる時のバイクが不安定なので、そのことによる転倒のリスクが上がると思います。


そこで考えたのですが、エンジンの切り方を変えて、「1速のままサイドスタンドを出すことによって自動的にエンジンが切れる機能を使う」ようにするのが、自分にとっては向いているような気がしました。しばらくこれを習慣づけてみようと思います。今までは、ニュートラルに入れてからキーを捻ってエンジンを止める、もしくは、ニュートラルに入れて降車してからエンジンを止めていました。じつは後者のほうが多くて、それは、私が付けてるスクリーンの金具のせいでキーの周辺が狭くなってることもあって、手袋も付けてるとキーが回しにくいからです。だから、一旦降りてから落ち着いてキーを回して切ることが多くなってます。


でもそれなら、「1速+スタンド出し」でエンジンを切るほうが楽であるように思えてきました。実際、ニュートラルに入れるのを忘れて1速のままスタンドを出して、その結果としてエンジンが切れることも何度かありました。
そもそも駐車時って、クルマでもそうですけど、ニュートラルではなく1速に入れて停めておくほうがいいですよね。バイクの教習でどう習ったかは忘れましたが、クルマは駐車時に1速に入れるように習いました。駐車中にサイドブレーキが仮に緩んでも、ギアを入れてれば容易には動かないからです。私は、自分のクルマがずっとMTだったんですが、必ず1速で駐車してました。手順としては「ニュートラル → サイドブレーキ → キーOFF → 1速に入れる」でしたが。
バイクの場合、駐車時に誰かに押されてバイクが動き、その際にサイドスタンドが外れて倒れてしまうような現象も防げるらしいです。サイドスタンドのセンサーが付いてない車種だと、発進時に1速のままセルを回すとバイクが急に動いてコケることがあるらしいですが、センサー付いてるのであればそもそもセルが回りませんから大丈夫でしょう。

今回の損傷部分

なお今回、幸いにも、バイクの損傷は軽微でした。


まず、シフトペダルが内側に曲がりました。ギアが入らなくなったので深刻な故障だと思い、保険屋を呼んでバイク屋まで搬送しないといけないかと一瞬思ったのですが、よく見たら内側に曲がってつっかえているだけだと気づきました。それでTwitterで教えていただいた方法で工具を使って曲げると、だいたい元通りになり、走ってみても特に違和感がなかったので大丈夫そうです。(写真は曲げ直す前)
f:id:midnightseminar:20201128114048j:plain:w400


次に、クラッチレバーが折れました。これも、Twitterで教えてもらったのですが、自分で新しいのに交換すればいいだけのようです。純正品をWebikeの純正部品通販で注文すると*1、1980円でした。納期は1日らしいので割と早いですね。
f:id:midnightseminar:20201128114116j:plain:w400


ウィンカーのケースが少し割れたっぽいです。手で押すと違和感のない形に戻りはしましたが(写真は戻す前)、少しグラついてる感じがするので、接着剤レベルで何とかなるかどうか確認して、無理そうだったら念のため交換しようと思います。点灯は問題なくするのですが。
f:id:midnightseminar:20201128114149j:plain


スクリーンの隅のほうに少し傷がつきました。アクリルなので、これは耐水ペーパーとコンパウンドですぐ消せると思います。
f:id:midnightseminar:20201128114446j:plain:w250


バックミラーに傷が入りました。ミラーは今後もどこかにぶつけたりすると思うので、念のため純正品を予備として注文しておき(そのうち在庫切れになると困るので)、家にストックしておこうと思います。
f:id:midnightseminar:20201128114534j:plain:w400


バーエンドに傷が入りました。これも純正品を注文しようかなとは思いますが、もともと、社外の色付きのやつにしようかなとも思ってたので、これから考えます。
f:id:midnightseminar:20201128114625j:plain:w400


ボディは無傷だと思っていたのですが、探すと、ラジエターシュラウドの一部塗装が剥がれていました。これももともと、予備を買っておこうかなとか思っていたので(絶版車なのでパーツはそのうち無くなるんじゃないかと)、買うことにしようかな。ここもまた何かにぶつける気もするので、交換はすぐにはしなくていい気がしますが。
f:id:midnightseminar:20201128114717j:plain:w400


今回、損傷した部品をすべて純正で揃えると、以下のような値段になります。


クラッチレバー ¥1,980
バーエンド(1個) ¥1,760(エンドだけでなく周辺の部品とセットなのでちょっと高い?)
バックミラー(左) ¥6,710
ラジエターシュラウドの白いカバー(左) ¥3,740
ウィンカー(左) ¥6,270


合計約2万円ですが、コケる瞬間にイメージしたよりは安い金額ですね。一瞬、「買って1ヶ月でいきなり車両保険発動かよ〜」と思ったのですが、その必要はないレベルというか、そもそも免責の範囲内です。機能的に必須なのはクラッチレバーとウィンカーぐらいかと思うので、それだけだと1万円もかからずに済みますね。


上記のほかは無傷なので、全体的にきれいでよかったです。道具は使い込んでナンボだと思っているので、ピカピカの状態であることにこだわるのは不毛だしストレスの原因になるだけだと思っているのですが、さすがに買ったばかりでたとえばフレームのように容易に交換できない場所に大きな傷が入ったりするとショックだったかも知れません。


でもまぁ、傷がつくのを気にして腫れ物を触るように自分の持ち物を扱うのは、自分の性格には向いてないので、早めにコケておいたほうが気楽になれてよかったような気もしてきました。そういえば昨日バイク屋で、けっこうボロくなってセロテープみたいなので補修してるCB400SFをみたのですが、それはそれでかっこいいと思いました。価値観は人それぞれですが、私は「ピカピカの道具」よりも「使い込まれた道具」が好きですね。

*1:事前にパーツカタログで品番を調べる必要があります